読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QDCE

好物は質・デザイン・コスパ・効率です。

YogaBook 開梱式〜フィルム貼り♪

Android
さて、予定より早く到着したYogaBook。
さっそく初期設定。といきたいところですが、
フィルムを貼らないと先へ進めない!
ということで、とりあえず開梱式からフィルム貼りまでやって、
我慢していた箱を開けたい衝動から落ち着きたいと思います。(笑)
 
まず何よりも先に保護!
今回は約10インチのフィルム2枚ですからね〜。
出来は自己吸着に期待するしかありません。
 
と、実は、終わってみるとKeyboard側はいらないかなって思っています・・・
その感想は後ほど。
 
 

f:id:shin5ro9:20170118124006j:plain

今回、ASUSのZenPadから乗り換えるんですけど、
正直この価格帯の製品の梱包(質感)には期待していないのですが
 

f:id:shin5ro9:20170118124007j:plain

 
なかなか頑張ってますLenovo。質感(密閉感とか)がとても良いです。
これで一気に期待が高まっちゃいました♪
 

f:id:shin5ro9:20170118124008j:plain

ただ引っ張るだけのとこもちょっと気配り
 

f:id:shin5ro9:20170118124009j:plain

こんな感じで付属品が入っています。
 
ペンはまだ触れてません。
ACアダプターはかなり急速で充電してくれそう。
あまり考えてなかったけど、かなりPCライクな製品と考えると
microUSBで充電出来るのは嬉しい限りです。
ブースター気軽に充電できますからね〜。
あ、写真忘れたけど、ACアダプターのUSB差し込み口が黄色なのが気に入っちゃいました☆
(単なる黄色好きです)
 

f:id:shin5ro9:20170118124010j:plain

f:id:shin5ro9:20170118124011j:plain

 真っ平らにペッタンコ。
小さくも大きくも感じない。サイズの割に軽い!
それとヒンジ部がやはり特徴的。ガチガチするのかと思いきやスムーズな動き(笑)
 
 
さて本体は公式ページ見ればわかるしフィルムさっさといきます!
 

f:id:shin5ro9:20170118124012j:plain

今回はこの2枚です。
大きめなのでちょっと緊張しますが、1つはもう3台目の貼り付けとなる
フィルムなので、その貼りやすさはわかっているので。躊躇せずいきたいと思います。
 

f:id:shin5ro9:20170118124013j:plain

まずはディスプレイから。
 
こちらamazonより。安いのに拭くシートとかホコリ取りシールとか満載。
しかも真ん中から貼っていけばすーっと自己吸着するのでとても楽。高硬度。
なんか言うことないくらいですね(笑)
どのくらい持つかはわからないのですがipadは1年近く使ってて表面問題無しです。
 

f:id:shin5ro9:20170118124014j:plain

こんな感じの付属品。
黒枠の適当さはいつもですが、私は慣れてしまいました(笑)
 

f:id:shin5ro9:20170118124015j:plain

ちょっと先の画像なのですが、見た目こんな感じ。テカテカスルスル〜♪
 
 
はい、続いてHalo keyboardのほうを。
あんまりフィルム無い状態で触りたくないので、写真も無くさっさと
進めてしまったのですが、フィルム貼らなければサラサラしたマットな感じでした。
これが、個人的には貼らなくてもよかったのかなって思うところ。
 

f:id:shin5ro9:20170118124016j:plain

でも買っちゃったんでね(笑)
探しても、Halo側はフィルムの種類が少ないように思いました。
で、商品解説ページの内容と、amazonの買った人の評価も見て決めました。
 
この商品、フィルム以外、付属品ゼロ(笑)
まったく不親切です。ディスプレイ用よりこっちのほうが高かったんだけどな。
まぁいいや、すぐ剥がすかもしれないし。
 
そして、Halo keyboard側は、事前に調べていたのですが1点だけ問題点があります。
 

f:id:shin5ro9:20170118124017j:plain

左上を見ると、キーボード面にintel insideのシールが貼ってあるんです。
人柱さんにはこのまま貼った人がいて、どうしても綺麗に吸着しないそうです。
なのでシールは剥がしている人がほとんどだと思います。
intelマーク残したかったけど・・・。
少し温めつつやってみましたが、ドライヤーほどやってないので糊がけっこう伸びます。
粘着力しっかりです。
ですがそれを逆手にとって、keyboard面に糊が残らないよううまくこの粘着を引っ張って
いる状態が切れないよう維持して、なるべくintelシールに移るよう意識して剥がしました。
 
f:id:shin5ro9:20170118124018j:plain
どうでしょうか。これほとんど拭かずで出来ました。
もちろん多少は残りましたが、拭いてすぐ消える程度で済みました。
根気と忍耐。ちょっと頑張りましょう。 
 

f:id:shin5ro9:20170118124019j:plain

両面貼り終えた姿。テッカテカです(笑)
夕陽を写してみました〜♪
 
 
そしてちょっとセットアップを進めてみました。
セットアップしている途中からkeyboardが鮮明に浮いてくる(映る)んですけど、
 

f:id:shin5ro9:20170118124020j:plain

おおーって感じ(笑)
keyboardシール貼ってるみたいに見えますね。
打った感じも、もしかしたらSurfaceの純正カバーキーボードよりいいかも。
 

f:id:shin5ro9:20170118124015j:plain

特別な設定は後に回すことにしました。
 

f:id:shin5ro9:20170118124021j:plain

この部分でペンで書けちゃうんですもんね〜たぶんあんま使わないけど。
でも後ほど試してみます。
 
 
 
とりあえず開梱〜フィルム貼りということでここまでです!
次は中身!
Nova入れてみたりしてUIの設定もどんな感じか色々やってみたいと思います。
そう、基本手帳代わりに買ったので、ジョルテ入れたりしてその感じも書いて
いきたいと思います〜。
 
最後に外観
 

f:id:shin5ro9:20170118124022j:plain

色ちょっと地味だったかな・・・カーボンブラック欲しかった。
在庫無かったからしょうがないけど。
まぁ仕事で使うのでいいかな!使い込んできたらステッカー貼る!(笑)
 
あと、私はPremium会員で購入したのですが、なんと本体は割引無し。
純正スリーブが割引・・・だったので買ってしまいました。
でもそれでもちょっと高い!
amazonとかにケースはいっぱいあるから選んだほうが良いかもです。
 
それではまた続きにて。